学びのリーダー発掘!!WIL入試

追手門大手前は、受験生同士が対話をして新しい知識を得ながら考えて表現する、わくわくするような、今までにない全く新しい入試で、ペーパーテストでは測れない学力を測ります!!

従来の学力試験とは違う、「思考力・判断力・表現力・主体性・協働性・多様性」などを評価するまったく新しい入試で、本校が推し進める「協働型」「プロジェクト型」の学びにおいて他生徒の模範となる、 追手門大手前の学びのリーダーを発掘します!

アドミッションポリシー(求める生徒像)

  • 本校の教育方針を理解する者
  • 自らすすんで学び続けようとする者
  • 自分なりの考えを表現しようとする者
  • 様々な人々と、ともに学び・行動しようとする者
  • 人々のため、社会のために役立とうとする
    気持ちを持つ者
スタンダード型

グループのメンバーと
課題解決に向かって協力する!

スタンダード型

3回の学習会では、5名程度のグループで課題に取り組みます。同じグループのメンバーとコミュニケーションを取りつつ、ひとつの目標に向かって協力してアイデアを出し、みんなの考えをまとめる様子などを採点します。

プレゼン型

しっかりと準備して
自分の考えていることを発表!

プレゼン型

3回目の学習会で、自己紹介と自分の将来についてのプレゼンをします。家で十分準備をしてきてからプレゼンをできるので、安心。人前で話すのが好きな人、自分のことを周りに伝えるのが得意な人、ぜひチャレンジを!

グローバル型

グループワークにプラスして
英語学習経験を活かせる!

グローバル型

3回目の学習会で、今までの海外経験や英語学習経験を活かせる面接をします。面接には、英検4・5級程度の簡単な内容の英会話を含みます。英会話教室に通ってきた人、英語資格を持っている人など集まれ!

プログラミング型

プログラミング グループワークで
ミッションクリアを目指せ!

プログラミング型

3回のグループワークは、プログラミング活動の様子を評価します。ミッションクリアに向けて、グループで1つのブロック式ロボットを組み立て、Scratch(スクラッチ)ベースのソフトウェアでプログラミングします。

全体内容

     
  • WIL学習会を経て出願資格を得た児童のみ受験可能とし、合格したら必ず入学する(専願)児童が対象
  •  
  • 4つの型から1つのみを選んだうえで3回のWIL学習会の参加と、1回以上のプレテスト受験を必須
    ※グローバル型受験者は、第2回プレテストでⅢ型受験を必須
  •  
  • WIL学習会では3回の「グループワーク」の様子、各回の「個人面接」、各回で課す「課題」を評価し、出願資格を審査する
  •  
  • 【プレゼン型のみ】(3回目の学習会と同日に実施)
    自分の好きなところや良いと思うところなど、「自分らしいところ」と、それを将来どう活かすか、について、1人3分以内で発表し、その後面接官から質疑
  •  
  • 【グローバル型のみ】(3回目の学習会と同日に実施)
    これまでの海外経験や英語学習などについての経験と、将来の夢、などについて面接で質問。この面接では、英検4・5級程度の簡単な内容の英会話も含む
  •  
  • 入試当日は「身近な課題の解決策についての作文」と「個人面接」を課す

Student's Voice

WIL入試で必要とされたどんな力が
入学後のどんな場面で活きていますか?

     
  • みんなをまとめて効率良く物事を進める力が、グループワークや行事の準備などで活きています。
  •  
  • 様々な人と学び行動するという力は、入学後一番大事な力だと感じています。
  •  
  • 探究の授業だけでなく普段のいろいろな場面で、人に意見を伝える力と想像力が活きています。

WIL入試にチャレンジする受験生へ
アドバイスをお願いします

  • たくさんの人と話したり、チームで協力して1つのものを作り上げるのが、とても楽しいです!
  • 学習会の参加を通じていろんな仲間ができるので、入学が楽しみになります。
  • 発表や自分の意見を話すことが苦手でしたが、WIL入試がきっかけで、できなかったことができるようになり、新しい自分を発見できました。
  • 他ではできない経験なので、迷っているなら受けた方がいい。この先、何年経っても大切な経験になると思います。

あなたにぴったりの入試は
どのタイプ!?

あなたの持っている力が新タイプ入試「WIL入試」のどのタイプに適性があるのかをたった30秒で診断するサイトです。

適性診断はこちら適性診断はこちら

WIL入試で測るのは、ペーパーテスト
では測りにくい学力の根幹部分です

「学力」を大きく3つに分け、それら3つの要素の関係を『学力の樹』に例えています。「根」は外からは見えないが、しっかりと張っていれば太くてたくましい「幹」が育ち、その先には青々とした豊かな「葉」が生い茂ります。このように、3つの学力が一体となって1つの学力の樹が形づくられます。追手門大手前のWIL入試では、ペーパーテストと異なる方法で、入学後の可能性を感じる「根」や「幹」を持つ児童を見つけます。

WIL入試 選考の流れ

追手門大手前の「学びのリーダー」
発掘!! WIL入試とは?

  1. 1知識・技能が充分であることを前提として、従来の学力試験では測れないがこれからの社会を生きる上で必要となる、そして本校が求め育てたい能力、すなわち「思考力・判断力・表現力・主体性・協働性・多様性」を持った児童の入学を目的とし、新タイプ入学者選抜を実施する。
  2. 2上記のような資質ある者に対し、その素養をはかるため、従来の学力試験とは一線を画す入学者選抜を実施し、多面的・総合的に評価することによって多様な個性・能力を持つ人材を受け入れる。
  3. 3この入学者選抜においては、本校入学後は、本校が推し進める3つの学びのうち、特に「協働型」「プロジェクト型」の2つの学びにおいて他生徒の模範となり、その力を十分に発揮できる児童を強く求める。
  4. 4普段は考えていることをあまり言えない子でも発表機会がある、知らない人と協力できる力などの潜在能力を見る、日頃やらないことをやってもらう、楽しめる入学者選抜、を構築し、「人間として成長する過程を体験してもらう」「教科とは違うところを伸ばす」点も重視した入学者選抜とする。

入試要項

  WIL入試
日程 2023年
1月14日(土)
コース・
募集定員

特進コース:約20名

専併 専願
(出願資格を得た児童のみ出願可能)
入試科目
  • ◎身近な課題の解決策についての作文
  • ◎個人面接
学習会
  • ◎全3回のWIL学習会に参加し、
    グループワーク・個人面接・
    提出課題で、思考力・主体性・
    協働性などを評価
  • ◎プレテストは最低1回受験必須
    ※グローバル型受験者は第2回
    プレテストでⅢ型受験を必須
  • スタンダード型

    ◎学習会3回(100点)の評価で
    出願資格を審査

    プレゼン型

    ◎学習会3回(80点)と、プレゼン(20点)の評価で出願資格を審査

    グローバル型

    ◎学習会3回(80点)と、英語に関する面接
    (20点)の評価で、出願資格を審査

    プログラミング型

    ◎学習会3回(100点)の評価で
    出願資格を審査

    合格発表 2023年1月14日(土) web

    WIL学習会 / プレテスト

    スケジュール

    2023年度入試向けWIL学習会の
    参加受付は終了しました

    参加資格は
    小学6年生
    のみとする
    WIL学習会

    < 前期 >

    < 後期 >

    10月1日(土)

    学習会1回目

    10月10日(月・祝)

    第1回プレテスト

    10月22日(土)・23日(日)

    第1回プレテストアドバイス会

    10月29日(土)

    学習会2回目

    学習会1回目

    11月5日(土)

    第2回プレテスト

    11月19日(土)・20日(日)

    第2回プレテストアドバイス会

    11月26日(土)

    学習会3回目

    【プレゼン型】
    プレゼンと質疑
    【グローバル型】
    英語に関する面接

    学習会2回目

    12月10日(土)

    学習会3回目

    【プレゼン型】
    プレゼンと質疑
    【グローバル型】
    英語に関する面接

    出願資格
    通知

    12月上旬

    12月中旬

    特記事項

    第1回もしくは第2回プレテストの
    受験は必須

    ※グローバル型受験者は
    第2回プレテストでⅢ型受験を必須